2004年 5月 31日

ファーストウィング

投稿者 by vulcan at 10:37 / カテゴリ: 駄文[住居] / 0 コメント / 0 TrackBack

日曜日はファーストウィングのモデルルームに行ってきました。

100平米以下が大半だったので、これまで全く眼中に無かったのですが、内装設備のよさは評判と聞いていたので、一度参考のために見てみるかと気軽に考えて行ってみたところ、意外な事実が判明してびっくりしました。

ファーストウィングはA棟からE棟まであるのですが、線路側のD・E棟はまだまだ来年以降に販売になるものとばかり思っていたのに、実はこの6月一杯ぐらいで売り切ってしまう勢いで、最終期と呼ぶにふさわしいほどにバラがついていたことです。

つまりベイタウンで新築を狙うという考え方の場合、いよいよ選択肢が無くなって来たということで、地図を見てもマンションが建ちそうな敷地は現在モデルルーム用地として利用されている2箇所のみとなってしまいました。

そうはいってもさすがに僅か1ヶ月の検討でファーストウィングを買うというのは現実的ではないです。金が腐るほどあるか、物件が馬鹿安であれば別ですが、ベイタウンだけに借地にもかかわらずいいお値段してるし(内装設備は確かにお金掛けている感じがしますが、なんにもついていない物件にオプションで200万円も掛ければ結構いい仕上がりになるそうです、キッチンを入れ替えたりまでしたら500万円ほど掛かるでしょうが)、狭さを感じさせないといっても100平米を切っていることは事実なんだし(収納が少ないので広く感じるが物が収納庫からあふれ出したら狭く感じると思う)、そして決定的に買う気をなえさせたのがエレベーターが棟で1基しかない点です(2004年6月5日訂正:エレベータは2基稼動することが判明)。

でも、標準でName達女性陣の気に入る設備を付けておくと奥様評価がこうも違うもんなんだなぁと改めて実感できたし、間取りのメニュープランが豊富(1物件5プランぐらい)に取り揃えてあるのは各戸を住人のニーズに限りなくマッチさせてそれぞれを個性的に彩ってくれるわけで、非常に魅力が高いということも確認できました。新築はこうじゃなきゃなというお手本みたいなマンションであることは確かです。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

ベイタウンに住み始めてそろそろ1年半になりますが、この街の持つ魅力は確かに捨てがたいです。買い物に不自由するというほどでもないし、歩道は広くて安全だし、電線とゴミ処理空輸システムが地下に埋まっているし(電線に止まれない、あさるゴミがない、ということでカラスが少ない)、街全部がマンションで統一されているし(といっても新浦安のように高層マンションばかりの要塞都市といった感じはしない)、通勤も十分許容範囲だし、風は強いけど心配していたほどでもないし(これぐらいは海そばだからしょうがないよなという感じ)、公園があちこちにあるし、学校は安心して子供を預けられそうだし、ベイタウン祭りが好きだし(街が公園と線路と川で分かりやすく囲まれているので区画内の共同意識が割りと強いのだろう)。

一方、ベイタウンや新浦安のマリナイースト21以外の地域に目を転じると、例えば蘇我のスウィーティアなど、3700万円で最上階(10階)ロフト(12畳あり、窓からスカイバルコニーに出られるのが魅力)付107平米が買えてしまう(2004年6月8日訂正:事前調査の結果、最上階ロフト付は4900万円程度に決定した模様)。

長谷工だけにサイクルポート(自転車3台分)が無料でつくし、自走式駐車場は安いし、駅徒歩6分だし、通勤快速を利用すれば八丁堀まで1駅32分だし(快速なら8駅48分、普通なら14駅54分)、魅力はあります。他にもNamePの提案する南船橋のザウス跡地を狙えば、買い物も通勤も便利だ(隣は競艇場で、すぐ近くに地方競馬場があるのがネックだけど)。

しかし冷静に考えてみると電線は地下埋設じゃないし、近隣に戸建があるとゴミ処理システムはベイタウンのようにはなかなか行かないのでカラスは多いだろうし、再開発地区はどこも道路が狭くて歩道は無いのが当たり前だろうし、子供の遊び場を考えると決していい住環境ではないかもしれません。

そこで、では子供が小学生の間は今の賃貸物件に住み続け、中学生に変わるタイミングで広い家を求めて蘇我・南船橋・検見川浜・稲毛海岸あたりで探すという選択肢も考えられるのですが、一人っ子でないのでタイミングを計るのが難しいし、近所付き合いの輪を拡げるには子供が小学生に入る前が一番だろうから、やはりBianが小学生に入る直前の2008年3月までに当面の人生設計を決めておきたいです。

ファーストウィングをみて、ベイタウンで100平米超を求めること自体に多少無理があるということが良く分かったので、ベイタウンに住みたければ賃貸物件に半永久的に住み続けるという選択肢になるのかもしれません。

2004年 5月 25日

最近のHikaru

投稿者 by vulcan at 10:47 / カテゴリ: 育児 / 0 コメント / 0 TrackBack

最近のHikaruに関する変化を報告。


  • 寝返りが打てるようになった

  • うつ伏せでも30分ぐらい平気になってきた

  • 横向きで寝られるようになった

  • 哺乳瓶を自分で持って飲もうとする(ちゃんとは持てないけど)

  • 一時期あれほど大好きだった風呂なのに、怖さを覚えたのか入れると必ず泣くようになってしまったが、姿勢を保てるようになってきて怖くなくなったからか、風呂で遊んでもらう余裕が出てきようだ

  • 肌が綺麗になってきた。まだ、完全にアトピーの疑いが晴れたわけではないが、もしかするとアトピーではなくて単に皮膚が弱くてよだれまみれになっている状態がよくなかっただけかもしれない。


▼続きを見る⇔折りたたむ▲

少しずつこうして成長していることを確認し、Bianが初めて歩いた日のことを思い出した。三歩先ぐらいで待ち構えていると、倒れこむように歩いてきていたところ、後ろに下がりながら誘導したらあっという間に10歩ぐらい歩けてしまい、あの時は本当に感動した。

一体いつごろだったのかなぁ、と過去の日記を調べてみたところ、2002年12月8日(1歳2ヶ月)であることが分かった。HikaruはBianより体格面では成長が早いみたいだから1歳(年末)までには歩けるようになるかも。

タグ(キーワード):

2004年 5月 22日

育児本

投稿者 by vulcan at 10:53 / カテゴリ: 育児 / 0 コメント / 0 TrackBack

Nameが読み終わったというので育児本を読んでみる事にした。

自分はマニュアルが好きだが、この手の生き方マニュアルみたいなものに対しては、作者に対して(そういうあなたは本当に理解しているのか?)という反発心があるため素直に読めないことが多い。電車の行きと帰りにそれぞれ1冊ずつ読んでみたところ、なるほどと思えるところも数箇所あり、読んでよかった。

最初に読んだ薄い本は、講演記録のようで、うだうだ述べていたが、「実は人を殺してはいけないという決まりは無い。殺していけないのは仲間だけだ」という箇所があり、戦争や死刑制度など日常的に人が殺されている中で、仲間を殺すということは許されることではない、というような説明があり、仲間という概念について改めて考えさせられた。

(自分にとって仲間かどうか)という目で子供は親や先生を見るという理屈は確かにいいえているように思え、仲間でなければ親でも殺すこともあろう。

自分が仲間に対してしていいことと悪いことの判別を、子供に対しても同様に行う必要があるだろう。仲間であればプライドを傷つける一言にも慎重になろうし、かといって相手に非があればなんとか伝えようと努力するし、相談に乗ったり乗ってもらったりもするだろう。時には相手のいうことをただ聞くだけに留めるときもあるし、ころあいを見計らって自分の意見もいう。

そういう関係を家族という仲間にも当てはめるべきだ。でなけりゃ何のための家族という族なのか分からない。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

2冊目は分厚かったが「ふーん」という内容だったので、ぱらぱらめくって終わってしまったが、子供がスイミングかなんかを三日坊主でやめちゃったあと、ピアノを習いたいと言い出して、いろいろ悩んだ挙句、ローンでピアノを購入し、レッスンに通わせ始めて3日目に、再び子供が「ピアノもう止める」と言い出したときにあなたはなんと答えるか?という問いかけがあり、自分だったらあきれてものが言えんなぁ、何て答えるべきなんだろ?とそこだけはその先がとても気になった。

怒る、心配する、受け流す、驚く、理由を聞く、ごまかす、いろんな答え方があるが、どれもまずい回答のようで、どうやら沈黙するのが一番良いようだ。沈黙し、相手が話せるようになるよう話題をどこにも誘導しないことが肝要のようだ。唯一言っていい言葉は「ピアノ、もう、止めるんだ」という鸚鵡返しだけである(それも即座に言うのではなく一呼吸置いてから)。

これも、一冊目の仲間というキーワードがあれば、うなずける話だ。中学からずっと一緒で、一緒に入部した仲間が3日で「もう野球部止めるわ」と言い出したらどうだろう?(何で止めるのか理由が聞きたい、けど、聞いていいことなんだろうか?)と最初は戸惑う他無い。それと同じ反応が自然にできなきゃ家族じゃないんだろう。

2004年 5月 17日

眼鏡新調

投稿者 by vulcan at 10:58 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 1 TrackBack

眼鏡のねじが外れて10回目ぐらいになり、とうとうねじ穴が馬鹿になったようでいくらがんばっても締まらない。何度かドライバーが指に突き刺さりとうとう諦めることにした。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

やむを得ずセロテープで引っ付けた情けない姿でイトーヨーカドーの眼鏡屋に行く。Nameの見立てでなかなか似合う眼鏡を見つけることができ、また値段もレンズ付で18,000円と安かったので、レンズを薄いタイプに換えてもらっても24,000円で買えた。

1時間ほどでレンズが出来上がるとのことだったので不二家で時間を潰し、戻って試着してみるとなんか違和感がある。なんだろう?としばらく考えていると、店の人は心配しだしてあれやこれやと言い訳を言い出す。遠くを見たり鏡で自分の姿を見たりを繰り返し、ようやく自分のぼさぼさの髪型とだらしなく伸び放題の眉毛が違和感の原因であることが判明した。

これまでそんなに視力にあっていない眼鏡でもなかったのだが、よりクリアに見えるようになって、己の不精な姿がより強調されて見えるらしい。その辺を察してか、NamePが家に帰ったら髪と眉毛を切ってやると言い出した。

実はGWにバリカンを購入し、自分がHikaruの髪を刈ってみたのだが、これが思いのほかうまく刈れた。普段床屋でバリカンを入れてもらっているから自分はそれほど違和感なくかれたと思うが、NamePは元来いい加減な性格だし、床屋でバリカンを使うところなど見たことも無いだろうからかなり心配だったので、刈りたい刈りたいと言われながらもずっと先延ばしにしてきた。

ところが今日はせっかく眼鏡のおかげでシャープなビジネスマンを気取れるところなのに、髪型と眉毛のおかげでそれが台無しになっているのにがっかりしていたので、お願いしてみることにした。

家の風呂場を散髪場に切り替えたところ、いきなり道具のセッティングの段階でNameP全然分かっていないことが判明し、末恐ろしくなって、とりあえず見本として最初は自分で刈ってみた。案外自分でもうまく行くと思いながら、長さをそろえる機能があるので、まあ任してみるかと思い、お願いしたところ、大胆にガンガン刈っていることに多少の不安を覚えながらも結構上手に刈れ、眉毛も揃えてもらって男前度が随分上昇したと喜んだ。

ところがそろそろ寝るかと思ったころに、NamePが「明日会社でその髪どうしたん?とか言われる前に先に聞いてみた方がいいかも」とか何とかごにょごにょ言っているので、不審に思い、手鏡を持って洗面台で後頭部の刈り具合をチェックしてみると、素人丸出しの刈り具合であることが判明した。

刈り過ぎ刈り残しが目立ち、虎刈りではないが、刈り過ぎて禿げ上がっているところが何箇所か有り、一瞬自分のことであることを忘れて笑い転げてしまった。これから寝る前にもう一度刈りなおして貰う予定だが、一体どうなることやら。調整しすぎて丸禿にされてしまうのではないかと心配もするが、とはいえこのままでは一週間ぐらいは会社を休みたくなるような頭なのでやめておくというわけにもいかない。南無阿弥陀仏。

タグ(キーワード):

2004年 5月 08日

ホームシアターシステム設定

投稿者 by vulcan at 00:43 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 0 TrackBack

今日までホームシアターがしびれるほどでもなかったことに今一物足りなさを感じており、気になっていた点としてLとRのスピーカーランプしかついておらず、リアスピーカーからは音は出ているもののなんか小さく、ランプもついていないことに疑念を抱いていたため、YAMAHAのサポートセンターに電話することにした。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

すると、プレステ側での設定が行われていないことがわかり、プレステのドルビーサウンドとDTSがデフォルトで『切』になっているのでこれを『入』にしなければならないこと、DVDディスクによっては5.1chのものと2.0chのものとが両方録音されており、デフォルトが2.0chとなっている場合はメニュー画面で音声選択をしなおさなければならないこと、また、そもそも5.1chでない映像もかなりあることなど、知らなかったことが一杯あったことが良く分かった。

自分は音響素人だから止むを得ない部分もあろうかと思うが、これだけ設定がややこしいとなると年配の方は5.1chでDVDを見るのはかなり大変だろうなぁと思う。

ついでに所蔵のDVDの中で5.1chのものとそうでないものとを把握しておこうと思いリストアップしてみた。

ゲームの中ではFFXとFFX-2だけが5.1chであることを知り、さすがスクエニと改めて感心した。

5.1ch対応
・ハリーポッター
・耳をすませば
・もののけ姫
・千と千尋の神隠し
・猫の恩返し
・バグズライフ
・トイストーリー
・トイストーリー2
・グラディエーター
・ジャンヌ・ダルク
・カッコーの巣の上で
・ゴッドファーザー1~3
・フルメタルジャケット
・バリー・リンドン
・シャイニング
・2001年宇宙の旅
・時計仕掛けのオレンジ
・アイズ・ワイド・シャット
・FFX
・FFX-2

2.0chのもの
・隣のトトロ
・天空の城ラピュタ
・魔女の宅急便
・風の谷のナウシカ
・平成狸合戦ポンポコ
・思ひ出ぽろぽろ
・火垂るの墓
・紅の豚
・PINGU

モノラルのもの
・トムとジェリー
・ガッチャマン
・ヤッターマン
・チャップリン