2005年 2月 11日

得意なことと好きなこと(2)

投稿者 by vulcan at 23:39 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 0 TrackBack

得意なこと、好きなこと、また苦手なこと、嫌いなことを洗い出してみると、面白い点がいくつか見えてきました。

自分はデータの収集が好きで、分析は得意だが好きではないようです。いろんなデータを見てきたし、データを読み取る力が備わっているので、わざわざ分析するまでも無いというわけです。

そういえば、データ分析とはデータを分析できない人のために理解できるようにしてあげる仕事であり、分析しても分析する前から分かっていた情報が浮かび上がってきただけに過ぎず、自分に返ってくるメリットが少ないと感じていたので、確かに自分はデータ分析が好きではないのかもしれません。

また、データ収集は好きで、情報収集は得意と書いたのですが、この違いはなんでしょうか?

情報というのはそれだけで価値があるものであり、データはそこから情報を見つけ出すものというのが違いとしてあると思います。情報収集が好きというのはいかにも情報を活用していなさそうで嫌なので好きの項目に挙げなかったわけですが、やはり、情報収集というのは好き嫌いの話ではなく得意不得意の話なのでしょう。

システム構築は得意なことであり、また好きなことです。

これは完全に一致しています。このことは自分はシステム構築を専門に行なう仕事が向いているのではという暗示にもつながると思いますが、それは早計かもしれません。

確かにシステム構築は好きですが、システム構築のプロセスを良く考えてみると、それを商売として専門に行なう場合、バグ取り、とんでもない使い方をするユーザーの対応、ヘルプファイルの作成、エラーハンドル等に多くの時間が割かれ、あまり効率的とはいえない仕事になるだろうし、あれやこれやと無理な注文に応じるあまり整合性が取れなくなったりして、嫌いなことを仕事にしていることにつながってしまう可能性が大です。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/42
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?