2005年 4月 20日

第1回家族会議

投稿者 by vulcan at 00:37 / カテゴリ: 育児 / 0 コメント / 0 TrackBack

第1回家族会議は主に理念を検討する場となり、一時間強の会議を終えた。

我家の理念(家訓)

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

責任ある行動・発言は信用(信頼)を築く唯一の手段である。
つまり、筋をとおすことを常に念頭に置こう。

人生は一度きりであり、時間は逆戻りしない。
つまり、何事も全力で挑戦し、悔いのない人生を送ろう。

可能性は無限大であるが、限界を作るのは自分自身。
つまり、自分の可能性を信じ、限界を超える勇気を育むもう。

血は水よりも濃いが、家族の絆は当然には成立しない。
つまり、家族を愛し、共に歩み、互いに助け合おう。

一所懸命でありさえすれば苦しみさえも喜びに変わりうる。
つまり、毎日を真剣に楽しもう。

世の中は完璧、完全、純粋なものほど弱い。
つまり、極端に走らず、常にバランスを重視しよう。

2005年 4月 03日

Weblogの利点

投稿者 by vulcan at 06:08 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 0 TrackBack

数多くあるWeblogの利点のうち、自動的にカテゴライズされる点は非常に助かります。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

毎日訪問してくれる方は最近7日間の日記を見れば事足りますが、初めて訪れた方は、時系列で過去から全てを読むのはしんどいです。そこで、カテゴライズされていますと自分の興味のあるテーマだけとりあえず読むことができるわけです。ここで興味深ければ、他のテーマも読んでみる気にもなるでしょう。

リピーターの訪問者ももう一度読み返してみたいときにカテゴライズされていれば目的のものにたどり着きやすいし、自分自身も、後日ある系統について体系的にまとめようと思った際に既にカテゴライズされていることは大きなメリットです。

また、カテゴリ別に記事が何件あるのかを表示できる点も訪問者に事前情報を与えることができるので利点の一つでしょう。
もう一つ、細かいメリットとして、一日に何回でも投稿できることが挙げられます。いくつも投稿したいものがあっても、これまでのように日付をずらさないで済むわけです。

2005年 4月 01日

トラックバックについて

投稿者 by vulcan at 13:47 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 0 TrackBack

さて、せっかくWeblogを導入したので、機能を活用してみたいと思います。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

外出先からアップするだけならWeblogでなくともFTPサーバを立てればいい話ですから、ここはやはりトラックバックの機能を使うことがまず第一歩と考えます。トラックバックの用語を調べても良く分からない部分が多いため、実際トラックバックをしてみることで理解を深めることにしました。

とらっくばっくとは?
ここのサイトで練習できるので試してみたところうまくいったようです。

トラックバックはリンクした相手に対して自動的に通知を送る機能で、相手がトラックバックを受け付けられる環境(ブログ)であれば、相手のサイトでもトラックバックされたことを更新します。

Google検索で上位にヒットさせるための対策として、相互リンクを行なうことが推奨されていましたが、トラックバックを行なうことで相互リンク的な効果が得られるわけです。

こうした機能を逆手にとって、トラックバックスパムが横行し、人気のあるブログではスパム対策を講じなければならないという状況でもあります。頭のいいGoogleのことですから、すぐにトラックバックスパムを無力にしてしまうと思いますが。

トラックバックを行なうのであれば、礼儀としてエントリーの概要は書いておいた方がいいです。書いていないと最初の50文字とかが送られるわけですが、送られた方はあまりいい気がしないでしょう。

2005年 4月 01日

景品

投稿者 by vulcan at 00:54 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 0 TrackBack

イヤッホー!!!

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

思わず叫んでしまったが、答えてネットの景品交換で2000ポイント溜めて応募したところ、YAMAHAのホームシアターサウンド・スピーカーシステムが当たってしまった。

当たるといいなとは思いながらも、まさか本当に当たってしまうとは!

ここ1年ぐらいで獲得した景品等は

Nameの『JAL旅行券10万円』
これにはびっくりした。8月までに旅行に行こうと計画を立てており、おそらく7月に北海道に行くことになると思う。

Vulの『液晶ミニテレビ』
コカコーラについているシールを溜めて応募したところ当たってしまった。全く活用されていないが、アウトドアでも利用できるし、せっかく当たったので何とか活用したい。

Nameの『ケーキ』
どこのブランドだか自分は覚えていないが、かなりの高級ケーキが年4回送られてくることになって、1回目が先日来た。確かにおいしい。

その他
細かい景品がその他にいくつか当たっているが、あんまり覚えていない。

こうしてみると、結構当たっているように思う。何気に我が家は『懸賞家族』なのだろうか。