2005年 7月 20日

タバコやめました

投稿者 by vulcan at 23:35 / カテゴリ: / 6 コメント / 0 TrackBack

先日、能力開発セミナーに参加してきまして、そこで念願であった友情を得ました。自分にとっては10年ぶりの出来事かもしれません。彼らとの友情のため、友情の証として何かしたい!そう思ったとき、『自分はタバコをやめることをその証にささげても後悔しないだろう』と確信しました。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

それから、10日が経過しました。この間、タバコを吸いたいと思ったことはありません。但し、『タイガー&ドラゴン』の録画を見たとき、タバコをうまそうに吸うシーンが多すぎて、『うまそうだなぁ』とうらやましく思ったことはあります(笑)

10日たった今でも、体がニコチンの欠乏を訴えます。15年以上もタバコを吸い続けていたのですから、そう簡単には抜け切るものではないでしょう。この、ニコチン欠乏状態は、禁煙している人には恐怖だと思います。しかし、自分の場合、体がニコチンを求めてうずくと、『友情の証がうずいている』と感じられ、みんなの顔を思い出すきっかけになるので、逆に待ち遠しいですし、幸せを感じます。

但し、幸せを感じすぎるのか、四六時中リラックスしっぱなしで、昼夜を問わず非常に眠いです。ということで、いつもの仕事の切れが今一で、ちょっとだらけています。