2005年 9月 12日

PC故障

投稿者 by vulcan at 00:02 / カテゴリ: 駄文 / 1 コメント / 1 TrackBack

数日前、WindowsXPの起動がおかしくなった。WindowsXPのアニメーションの前でこけてしまい、起動ディスクを入れろというメッセージが出る。この現象は毎回必ず出るわけではなく、2、3回に1回という頻度だった。


なんかやばい動きだと感じたので、翌日も同じ現象が出るのを確認し、最も大事なデータだけは別のPCに退避させておいた。今思えば、その更に前の日、MovableTypeで日記を更新していたら突然フリーズしたかと思えるほど画面が固まったことがあったが、あれも予兆だったのかもしれない。

とにかく、毎回必ず起こる現象ではないこと、BIOSはどうやら正常なようであることから、WindowsXPの起動セクタの読込が甘くなっているのだろう、従って、HDDが壊れかけているんじゃないかなぁ、と思いながら、とりあえず久しぶりに『答えてネット』で質問してみることにした。

質問フォームに症状を書き、質問を出す前に同じ内容の質問が既出でないかどうか確認すると、結構同様の現象が報告されていた。それらの回答を総合すると、やはりHDDが死にかけているらしい。しかしどうしたらいいのかが分からない。示された回答は、メーカー製ならメーカーに問い合わせるようにというアドバイス、自作なら「それぐらい自己責任で解決しろ!」というきついアドバイス。自分も自作なので、叱責されるだけで大してアドバイスはもらえなさそう。

ということで、とりあえず『答えてネット』で質問するのはやめて、会社のSEに意見を聞いてみることにした。

その前に、自分のできることをしようと思い、まずは、システムの復元をしてみる。しかし、症状は変わらない。というか、このころは、症状が悪化しており、5回に1回ぐらい起動でき、あとはWindowsXPのアニメーションの前で止まってしまう。

そこで、デフラグをかけてみようと考える。標準で用意されているデフラグはWindowsXPが起動した状態なので重いため、フリーのデフラグツールでWindowsXPの起動前の状態でデフラグさせたほうがいいと判断した(これが思いっきりうらめった)。

デフラグをする前に、システムのチェックを行なうのだが、その間に何回か再起動が行なわれる。ところが、起動がうまくいかないので、何回もとまってしまい、そのたびにCtrl+Alt+Deleteで起動させたのだが、とうとう何十回やっても起動しなくなってしまった。

しかたなく、デフラグ中の最悪の状態で電源をブチ切りすることとなってしまった。

そういうことで、会社に行きSEに状況を話すと、HDD、BIOS、電源辺りがおかしそう、一番怪しいのはHDDだが、CDブートできるかどうかを確認すれば間違いなくHDDがおかしいことになるのでブートCDを分けてくれてこれを使って確認するようアドバイスをもらった。

その日の夜、帰宅前にソフマップに寄ってみると、中古のHDDが5,000円程度で売られていることが分かる。買おうかと一瞬思ったが、自分のPCのスペックもろくに覚えていない状況だったので、よく調べてから買うことにした。

そして今週末、「とにかく一度掃除をしてからつなげなおしたらどうか」という妻のアドバイスに納得し、ケースを2年半ぶりに(購入以来初めて)開けてみると結構汚れている(特にファン)。

HDDは汚れているといえるほどではないが、システムファンの吸気口がほこりでつまりかけていたので、熱でHDDがやられた(夏でもあるし)可能性も考えられる。

前面と背面のファンを掃除し、ついでに電源のファンとCPUファン、ビデオカードのファンを掃除。吸気口のほこりをとった。電源、ファン、CD-ROM、HDD、CPU、メモリ、ビデオカードなどを一度外して掃除した。

続いて、サーバーマシンも掃除しようと思い、こちらも2年ぶりぐらいにケースをあけた。さすがに毎日稼動しているだけあって、よくこれで動いていたなと感心するほど汚れていた。

ほこりを取り除き、先にサーバーマシンを組み立てなおして起動させようとするが起動しない。「ヤバイ!」と思ったが、よく見るとメモリを外したままになっていたので、メモリを指しなおし、再度起動させてみるとちゃんと起動した。

次に、壊れたPCの方も再度組み立てなおし、起動させると、起動した!

しかしながら、画面はいきなりBIOS画面。ちょっとやばい感じもしたが、1歳のHikaruがキーボードをバシバシ叩いていたので誤ってdelキーをおしたのかもしれない(爆)。

そして、BIOSを抜け、緊張していると、一発でWindowsXPの起動アニメーションが登場した。『やった、いやしかしたまたま一回だけかもしれないし』などと喜んでいいのか戸惑っていると、ログイン画面には行かず、(予想通り)途中で終わっていたデフラグの続き(システムのチェックの続き)が始まってしまった。長そうだったので、先にサーバーマシンをとりあえず完全に組み立てることにした。

そろそろ画面が切り替わったかなと思い、確認しに行くと、画面は真っ黒。一体どうなったのかが分からない。

以後、何度電源を投入しても画面は本体から何も信号を受け取らないようで真っ黒のまま。

なお、先のSEにもらったブートCDはこの時まで使うのを忘れており、だめもとで入れてみたが、画面に変化はなかった。

考えられるのは、ビデオカードが壊れてしまったか、BIOS、つまりマザーボードが壊れてしまったか、あるいは掃除の際にCPUをあけてしまったのはやっぱりまずかったのかもと後悔しはじめる。

八方塞を打開するため、当初のマニュアルと解説ビデオを見る。すると、起動させてもビープ音が鳴っておらず、この症状はCPUが認識されていないことを示しているようだということが分かる。

といって、CPUを認識させる方法も分からず、CPUもHDDも壊れてしまったのなら、買い替えた方がええんちゃうかと思いながら、とりあえず、明日再び会社のSEに相談してみることにして、暗い気持ちで後片付けをした。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/309
題名 外科手術に例えると・・・
概要 PCと人間は似てるのかもしれません・・・知らずにでも「無理したら、壊れます」(笑)
ウェブログ: namepの日記
時刻: 2005年09月13日 11:33
コメント

会社に頼れるSEが在籍してくれていて助かりましたね!
私の感想は、長くなったので日記にしました!(笑)

http://namep.kodakara.com/archives/2005/09/post_21.php

投稿者:  NameP   at 2005年09月13日 01:37
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?