2005年 12月 06日

自宅出産に向けて(1)

投稿者 by vulcan at 00:51 / カテゴリ: 育児 / 2 コメント / 0 TrackBack

自宅出産といっても、出産するのはNamePであり、自分がするわけではないが、出産はNamePがするものであっても、『自宅出産』は助産婦さんのサポートと家族の協力で行なうもので、自分も自宅出産をするといってもいいだろう、というか、自分には自宅出産の自覚がちょっと欠けすぎていると、強く反省している次第で、遅まきながら何をすべきか、何ができるのかを学ぼうとしているわけだ。

そんなわけで、『自宅出産』をキーワードに検索をかけてみたのだが、なかなか良質なサイトにはめぐり合えず、当てが外れた。そんな中、自宅出産の体験を記した貴重なサイト『眠りねずみの部屋』を見つけた。

A4で52ページ分にも及ぶ自宅出産の体験記は非常に読み応えがあるわけだが、筆者の眠りねずみさんがNamePに通ずるところがあり、旦那様と自分とがオーバーラップするところがあったりで、親近感が沸いた。

また、2005年の出産と非常に最近の出産についてのレポートであり、ぜひとも参考にしたい。眠りねずみさんはNamePに似てアバウトで直感的な行動派なんだろうけど、それでいて、文章は非常に冷静というか論理的というか、知的な感じがする。まあ、この辺も良く考えたらNamePに通ずるところかもしれない。

そんなわけで、彼女が当初自宅出産に反対の立場だった旦那様、義父、義母を説得していく過程、出産を楽しみに待つ長女とのやりとり、助産婦さんの含蓄のあるお言葉など、読みどころ満載で、気がつけば2時間ほど読みふけっていたように思う。最後の出産ドキュメントは感動もので思わずうるっときた。おかげさまで、自分も自宅出産に気合を入れてかかわっていこうと心に誓った次第である。

アロマテラピーを利用するのがいいようなので、今のうちにNamePに教わって当日アロマができるようにしようとか、マッサージしてやってなかったけど、今からでもマッサージしてあげようとか、いろいろ反省した。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/357
コメント

エライ!
自宅出産する直前とはいえ、勉強してくれて良かったです☆
私は近くにいられないので・・・ほんま、Vulcan頼んだぞ~!!

投稿者:  REN   at 2005年12月06日 17:35

いやっ!あっらー!(←関西のおばちゃんの定番台詞?)

今更って感じですが、他人事のように考えていたことに気が付いてくれて、本当にありがと~!(爆) 出来ることをやってあげたいと思ってくれる前向きな姿勢になってくれることは嬉しい限りです。

私としては出産時にへその緒を切って欲しい~とか、ビデオを撮影して欲しい~とか要望はありますが・・・気持ち悪くなったりするくらい無理するようなら、別に強要はしませんのでご一考くださるだけで結構ですよ~(^-^)
今までの2人の時も、生まれてからは色々とやってくれている夫であり父であるとは思っていたけれど、生まれる前にも協力的になってくれるということに感激したのでコメントした次第です。

また夜に眠れない時に、眠りねずみさんのサイトを読むふけることにします。ありがとう♪

投稿者:  NameP   at 2005年12月07日 01:07
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?