2006年 3月 23日

エリスト入居(1)

投稿者 by vulcan at 12:44 / カテゴリ: 駄文[住居] / 0 コメント / 0 TrackBack

ついに念願のエリスト入居となった。今日からシリーズで入居報告をしようと思う。

18日は快晴で、まさに引越日和。引越の日に当たる19日の予報は雨だったので、18日中に自分たちで運ぶ予定のものは運んでおこうと思った。

午前中、各種マニュアル、保証書等の整理を行ない、不要になったものをより分けることで時間を潰し、ようやく待ちに待った引渡しの11:30になった。引渡会場はエリストのパーティールームで、持参を求められた書類を渡し、鍵やら重要書類、各種設備のマニュアルを受け取り、20分ぐらいであっけなく引渡しが終わった。

早速鍵を持って部屋に入り、再内覧会での指摘箇所(2箇所)をチェック。マニュアルを読みふけりたい欲求を抑えてとりあえず家に戻る。鍵は5本、ICカードも5枚で、5人家族なので丁度の数だ。子供たちにどういうタイミングで鍵を持たせるか、思案のしどころだが、とりあえずは自分とNamePのみ所持することにした。

家に戻り、ブランチを取っているとNameP母が到着し、一息入れたら荷物を運び始めた。近所のW氏から台車を借りていたので、引越当日子供たちが退屈しないようにおもちゃを持参し、ルンバに掃除させながらテレビとDVD、ビデオ、パソコンをセットした(そのため工具も先に持参した)。程なく自分の母も応援に駆けつけ、とりあえずお茶することにした。

また、照明器具は引越荷物に入れてしまうと、荷物が届くまで困るので先に持参した。設置しようとしたが、天井が微妙に高く、Bianを肩車したり、更に肩に立たせてみたりしたがうまく設置できず、今度は椅子2脚を重ね、Bianに支えてもらいながら自分が乗って設置してみると何とか完了させることが出来た(椅子に荷重が係り過ぎないように、天井に荷重をかけたらうまくいった)。

何度か往復しているとあっという間に夜になり、暗がりの中トランクルームに突っ張り棒2本を設置して、NamePが嫁入りの際に持ってきて、使い道に困っていた厚さ4センチほどの頑丈な板が丁度収まりがいいので、これを突っ張り棒の上に設置して、トランクルームをうまい具合に2段に分けることが出来た。

夜の内に雨が一時的に降り出して荷物の運搬も終わろうと思ったが、じきに止み、作業を続けることにした。11時に一度帰宅すると、レンタルDVDを返却しに行ってきてとの指示。ついでに自転車をエリストの駐輪場に停め、管理組合への届出用紙に防犯登録番号を記載して、管理組合発行のシールを自転車に貼り付けた。

そんなこんなで、気合が入っているので気がつけば2時。明日の引越に備えてそろそろ寝ることにした。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/428
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?