2006年 3月 24日

エリスト入居(2)

投稿者 by vulcan at 13:20 / カテゴリ: 駄文[住居] / 0 コメント / 0 TrackBack

19日は引越の積み込みが12時ごろになるとの連絡があり、午前中は最後の荷造りを行った。

12時にイケメン2人と少しさえない兄ちゃんが到着。Bianはイケメンのうちの一人が気に入ったようだ。慣れたもので積み出しは速やかに行われ、2時間ぐらいで完了した。3トン積みきりプランだったので、積みきれないと自分たちで運ばねばならず、それを予測して前日に何度もW氏の台車で運搬していたので、積みきれない荷物は3、4往復分で済んだ。

積み込みが完了し、エリストの待ち状況を確認してもらうと、5時間待ちぐらいになりそうとのこと。ということでゆっくり休憩をとることにした。子供たちはW母親に連れられて買い物に行き、NamePは引越元にて細々とした仕事をしに行き、自分はエリストで楽しみにしていた各種マニュアルを読みふけることにした。

夕方、新しい洗濯機が到着し、程なくNamePが帰宅したので、自分は引越元の古い洗濯機を引き取ってもらうために案内した。積みきれなかった荷物を運び、TVボードとダイニングの照明が到着したのでAVの配線を終わらせ、夕食をとって待機。

何度か搬入の状況を確認しに行ったが、幹事会社でない引越会社が時間を食っているようで、幹事会社は時間短縮のため、多人数にものをいわせて6階まで階段で運んでいた。ようやく8時ごろ、順番が回ってきたとの連絡があり、養生を行った後に積み下ろし開始。総勢15人ぐらいで作業するため、あっという間の30分で完了した。

その後は、皆で開梱。W母はキッチン。NamePはリビング。自分はスチールラックの組み立てとパソコン机の組み立て、パソコンの配線などを行なった。2時ごろ、疲れもピークに達しつつあったが、シアターシステムの設置がしたかったので、スピーカーを天井につけようとするも、タッピングネジが天井の石膏ボードに固定されず抜け落ちてしまうため、うまく行かない。無駄に穴を二つ開けるだけとなり、入居初日に天井に不用意な穴を開けてしまったことでへこみ、同時に疲れがどっと出たので、善後策は明日考えることにして寝ることにした。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/429
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?