2006年 5月 25日

幼稚園嫌いなBian

投稿者 by vulcan at 13:35 / カテゴリ: 育児 / 0 コメント / 0 TrackBack

Bianが幼稚園に行きだして1ヶ月が経過。最近幼稚園嫌いが度を増している。

縦割りで年長さんと年中さんが同じクラスになり、年長さんと年中さんがペアを組み、いろいろ分からないことをペアの年長さんが教えてくれるというシステムを採用しており、入園前はそれはなかなか素晴らしいと感心していたのだが、どうもペアの子と合わないらしい。

朝、幼稚園バスに見送りに行くのが自分の日課になっているのだが、先に乗っているペアの子にBianは挨拶するそぶりも無く、それで気を悪くしているのか、ペアの子もBianを見ると嫌そうな顔をしたり、後姿に舌を出したりしてる。幼稚園でもBianに「バカ!」と言うそうで、聞いても教えてくれないしで、Bianの傲慢な態度にも原因があるのだろうけど、ペアがこれでは楽しくないのも仕方が無い。

また、やはり同じクラスの年長さんでバスも同じ男の子が、ボウケンジャーごっこでBianにちょっかいを出すようで、これをBianはいじめられていると受け止めているらしい。ボウケンジャーの男の子と極力顔を合わさないようにするため、園庭で遊べないらしい。

そんなわけで、幼稚園バスに乗った途端、取り付かれたように表情が硬くなり、前の座席の背もたれにおでこをあてて、なるべく気配を殺しており、見送りで手を振る自分の存在も忘れてしまうようだ。

昨日、布団でお話をしていると、「今日友達ができた」と言うので喜び「どんな子?」と聞くと、「人間じゃなくて、人形の友達」ということで、バナナの人形の友達の話をしてくれた。

ということで、最近は「幼稚園辞めたい」というのが口癖。何とか対策を練ろうとはしているものの、今のところ妙案は無いというのが実情。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

(2006/5/28追記)

NamePが、ふれあいデーのときに先生と二人で話す機会があり、いじめっ子の件をそれとなく聞いてみようと思ったところ、先生の方から切り出されたらしい。

いじめっ子にいじめられているというのを他の年長の子らが先生に通報しに行ってくれたそうで、最初はBianが泣いているだけで、いじめている現場ではなかったので、様子を見ることにして、その次の日、再び年長の子らが先生に通報しに行ってくれ、やはりこのときもいじめの現場には戻れず、Bianがいじめっ子に「お前は悪者だからここに貼り付けになってろ」と言われたとおりに、誰もいないのにテーブルに一人で張り付いており、先生が「もう止めていいんだよ」と言っても、「駄目なんだよ!ボウケンジャーされるから動けないんだよ!」と指示された以上、指示が解けるまで勝手な行動は許されないとの思いが強かったらしい。そこで、先生が「嫌だったらいやだって言った方がいいんだよ。一緒についていってあげるから、嫌だって言ってみよう。」と言ったらBianも納得し、いじめっ子二人組に対峙して、例の夜叉の形相で「Bianはボウケンジャーが嫌なんだよっ!(激怒)」と、泣きながらもにらみをきかしながら怒鳴ると、相手二人は相当びびったみたいで、「分かった。ボウケンジャーするのもうやめる。」との言質をとったらしい。

それが前日だったらしく、ふれあいデーでは、それとなくBianに聞いたNamePに対して「ああ、あの子がBianとケンカした子だよ」と特に怖がるそぶりも、引きずってる様子も無かったそうだ。

家では、Bianは「ちょっといじめっ子がいてねー、あんまり幼稚園行くの嫌なんだ」という程度しか言ってなかったので、そんな事態になっていたとはびっくりで、Bianが以前NamePに「Bianは幼稚園のことを仕事だと思ってるんだよ」と言ったそうで、本当に仕事だから毎日我慢して行かなきゃならないと義務感を持っているのかもしれない、とNamePが言うと、先生はその言葉でいろいろな事象が符合したみたいで、「なるほどー」と感心半分、悲しさ半分の気分だったらしい。

NamePは先生は良く見てくれているんだなぁ、と感心し、ついでに給食をきちんと食べていることや、Bianが明日の行動予定を聞くと安心する傾向があるので心がけていることとか(何でも掌握したがるので)、いろいろ聞き出すことができ、Bianの今後の友達作りの計画についてもいろいろ対策を考えてくれていることまで分かった。

というわけで、安心して任せてよいことがよく分かり、あまり神経質には心配する必要が無いことが分かった。

【2007/4/4追記】

先日から、追記を書かなくちゃと思いながら、書きそびれていました。1、2週間ほど前、ペアの子とは非常に仲良くなっていることを聞いて、NamePもそんな報告は聞いていなかったので、非常にびっくりしていました。仲良くなったどころではなく、数少ない友達の一人のようで、年長さんが去っていくことで、「Bianも友達がどんどん減っちゃうから幼稚園行きたくなくなっちゃう」と目を潤ませながら話していて、特にペアの子が去っていくことを悲しんでいました。

上記の投稿をしていたことを思い出し、早く追記しなければと思っていたのですが、遅くなってしまいました。

タグ(キーワード):

2006年 5月 13日

何で共謀罪がそんなに必要なわけ?

投稿者 by vulcan at 02:03 / カテゴリ: 駄文 / 0 コメント / 0 TrackBack

いよいよ今月の16日に共謀罪を衆院法務委員会理事会の委員会採決される公算が高くなった

メンバーを見ると当然のことながらほとんどが自民党で、自民がこれだけ、世論の反発を押し切って採決に踏み切ろうとするんだから、組織的な圧力がかかって採決されちゃうんだろうな。

そうなると、委員会採決だけで自民が満足するわけがないので、衆院可決に強引に持っていくというのが考えられるけど、本当にそうなっちゃうんだろうか?そもそも何でそんなに自民は共謀罪を成立させたがっているんだ?巷で言われているような言論の自由を本気で奪おうとしているんだろうか?

ということで、猛烈に遅ればせながらではあるが(仕事が忙しいので)、共謀罪を調べ始めた。調べても、あちこちのブログで紹介されている情報以上にはまだあまり分かってこず、結局、自民が何ゆえ可決を急いでいるのかが見えてこない。見えてこないということは、やっぱり見えないように隠しているのか。裏があるのか。
まあ、もっと調べなきゃ結論出せないけど、答弁みてても(特に早川議員)もっと分かりやすく説明しようと思えばできるだろうに、分け分からん意味不明の言葉を連発して煙に巻こうとしている雰囲気ありありで、それだけでムカついてくる。

しかし、実行しなくても相談しただけで『共謀罪』が成立し、いったん成立してしまったら、「冗談だった」とか、「犯罪行為だとは知らなかった」とか、「ちょっと頭に血が上りすぎただけで、今は反省しているし、実行するつもりもない」とか、「言ってみたかっただけだ」とか言っても『共謀罪』を取り消せない、というのは非常に息苦しい世の中になるだろう。

また、目配せ、とか黙認とかでも共謀罪が成立するというし。

更に、「共謀が行われたという嫌疑があれば、捜査を行うことは可能」と大林刑事局長が説明しており、罰せられなくとも、疑わしいだけで捜査のために逮捕されてしまう。逮捕は、社会的な信用を失うし、精神的なダメージも大きい。

行き着く先は、つるんでいるだけで共謀の疑いありということになるから、人間関係を壊す恐ろしい法律ということになるだろう。

2006年 5月 09日

けど

投稿者 by vulcan at 13:09 / カテゴリ: / 14 コメント / 0 TrackBack

Bianが2歳のころ、「○○けど」という表現が一時期はやった。
NamePが「○○して欲しいんですけど」とBianに何かしてもらいたいときに「けど」をつけることが多かったため、Bianは自分の要求をより強調するために「けど」をつけるようになり、「コチョ(チョコ)チョーダイけど!」「本読んでケド」といったように、ちょっと聞くと「ケロ」に聞こえて笑えてしまう活用の仕方だった。

そして、最近、Hikaruも「けど」を使うようになった。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

Hikaru「プラレール片付けてんの?」
Vulcan「うん。もう、今日は片付けて寝ようね」
Hikaru「オレ、プラレールで遊ぶ、ケド」(遠い目)

Bian「Hikaruこっち来て!○○して遊ぶよ!」
Hikaru「オレ、一人で遊んでんだ、ケド」(遠い目)

Bial「Hikaru!○○して!」
Hikaru「オレ、やらん、ケド」(遠い目)

Bian「Hikaru!○○行くよ!」
Hikaru「オレ、いかん、ケド」(遠い目)

という具合に、叶えられない自分の主張をするときに遠い目をしながら「けど」を使う。

Bianが長女だけに人を使う、人に何かやってもらうのが好きで、「けど」も命令、要求等、他動詞に結合していたのに対し、2番目のHikaruは自由人で、自分のペースでやる、一人で遊ぶのが好きのようで、「けど」の使い方も自動詞に結合する。

いつも、姉のBianに言われっぱなし、やられっぱなしのHikaruだけに「けど」の使い方もこんな感じなのだが、以前ならば姉の命令に「はい」とおとなしく従っていただけだったのが、一応抵抗の発言をしてみるところまで成長しており、近いうちに上下のバランスが崩れるかもしれない(笑)

ところで、Hikaruの「けど」もNamePの影響かなぁと思っていたら、今朝、
Vulcan「○○行ってくる」
NameP「え!○○行くの?」
Vulcan「いや、行かんけど(言ってみただけ)」
という会話があり、そう言えば自分はちょっと言ってみただけ、という場合に「けど」を多用していることを思い知った。そして、Hikaruの「やらんけど」「いかんけど」はまさに自分の使い方とそっくりで、自分をまねていることが分かった。
だからどうする、というわけではないケド。

タグ(キーワード):

2006年 5月 08日

イソギンチャクの成長

投稿者 by vulcan at 15:11 / カテゴリ: 駄文 / 1 コメント / 0 TrackBack

GWが明け、最初に報告すべきことが他にもあるだろうとお叱りを受けることは重々承知の上ではあるが、まず最初にご報告するのは『イソちゃん』の成長振りである。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

最近、家に帰って最初に口にする言葉が「今日のイソちゃんどうだった?」ということで、NamePに「お前の子供はイソギンチャクか!」とお叱りを受ける今日この頃だが、その甲斐あって(?)、手塩に掛けたイソギンチャクは着実に成長しているようである。

イソギンチャクはある程度複雑に入り組んだ水流を好むとの情報をネットの記事で入手し、早速念願のエアーポンプを購入した。GWの二日目、妹家族が来客し、一緒に千葉こどもの国に出かけ、帰宅後速攻で自転車を飛ばして購入しに行ったので、おそらく相当なヒンシュクを買ったことであろう。エアーポンプは口が二つついており、1台で2つの水槽をまかなうことも一瞬考えたが、一つはエアーストーンによるエアーカーテンをどうしても演出したかったし、エアーを使った濾過装置にも魅力を感じてしまったので、結局それぞれの水槽に一つずつエアーポンプを購入し、エアーカーテンを楽しみながら、濾過装置も設置した。

これにより、エアーカーテン、エアーポンプの濾過装置、既存の濾過装置の3箇所から水流が起こることになり、かなり複雑な水流を作ることが可能となった。それまで弱弱しい感じのした60cm水槽のイソギンチャクも元気になった。

また、イソギンチャクは基本を光合成によって栄養をまかなっているため、なるべく光に近づけたほうが元気になるのではないかと考え、ライブロックの上下を逆転させ、照明に近づけるレイアウトに変更してみた。これは、相当効果があったようで、いずれのイソギンチャクも大きく触手を拡げ、生き生きしてきた。と、思ったが、ちょっと近づけすぎたようで、数日後には60cm水槽の方は少し下に移動し、30cm水槽の方はガラス壁面に移動していた。

その後、食事にシジミが出たので、イソギンチャクにあげようと思い、それぞれ1つずつ触手においてみた。前回アサリをあげてみたところ、60cm水槽の方は食べなかったが、今回は逆で、60cm水槽の方は元気に食べたが、30cm水槽の方が食べなかった。30㎝水槽のイソギンチャクにシジミをあげようと何度かトライしたときに、イソギンチャクに触れたからか、他のライブロックの生物に刺されたのか、人差し指にとげが刺さったようなちくちくした痛みが走り、未だに痛い。この教訓を活かし、今後はゴム手袋を装着して作業にあたろうと思う。

そんなこんなで、今朝水槽を見てみると、30㎝水槽のイソギンチャクがまたまた移動しており、更にいつもよりちょっと小さくなっているし、固着があまりしっかりしていないようだ。ちょっと心配になり、よく観察してみたところ、もう一つイソギンチャクが壁面におり、なんと、二つに分裂していたことが分かった。思いがけずイソギンチャクが増殖して非常にうれしかった。

タグ(キーワード):