2006年 8月 06日

宣誓

投稿者 by vulcan at 03:17 / カテゴリ: 存在理由 / 0 コメント / 0 TrackBack

「私は何故この世に生を受けたのか」

この素朴な疑問の解を求めることに、意義があるかどうか、口を挟む人もいるとは思いますが、私は意義があると認めましたので、追求することにします。この疑問を追求する上で、私が認める重要なテーマは次の二つです。

「何故1970年に生まれたのか」
「何故日本に生まれたのか」

したがって、これから始める考察においては、私の個人的なルーツを探るとともに、太古から脈々と流れる日本の精神文化について考察し、また、現代の日本が置かれた立場、期待されている役割を見据えた上で、これから数十年にわたって、日本がどういう方向に向かおうとしているのか、そして、そこに私はどう関与していくべきなのかを正したいと思います。

と、大上段に構えたわけですが、無知な上に独りよがりに陥りやすい、直情型の私ですから、突っ走ろうとすると、おそらく支離滅裂な文章となり、失敗することでしょう。そこで、なるべく肩の力を抜いて、ゆるりとやっていきたいと思います。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/443
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?