2006年 8月 07日

どんなルーツを探るのか

投稿者 by vulcan at 01:57 / カテゴリ: 存在理由 / 0 コメント / 0 TrackBack

私の個人的なルーツを探っていくと申し上げたわけですが、私の何に関してルーツを探るべきかを、ある程度は考えておくべきと思います。行き当たりばったりでは、そのうちわけが分からなくなるでしょう。そういうわけで、基本は行き当たりばったりだとしても、是非探っておきたい目的を考えてみました。

「私のナルシシズムはどこから来ているのか」

いくつかの事柄は、今この時点でも、なんとなくルーツに関する「当たり」がついていますが、この「ナルシシズムのルーツ」だけは、未だ皆目見当がつきません。そして、「ナルシシズムのルーツ」が解けたあかつきには、その他多くの事柄について、一切合財疑問が解決されるような気がします。

そういうわけで、「ナルシシズムのルーツ」が見つけられるものなのかどうかは分かりませんが、これから先、私のルーツを知るいろんな人とインタビューしていく際には、このことを意識したいと思います。

まあ、「ルーツを探る」と言うと、肩に力が入りすぎるので、「僕を見て思い出すような思い出話はありませんか」という感じで聞いていきたいと思います。ということで、ご想像できるでしょうが、「ルーツ探し」はかなり時間がかかると思います。ルーツを知っている人々が一堂に会するわけではありませんので。

(追記)

ナルシシズムについてWikipediaで調べてみたところ、納得のいくところも多くあったのですが、「自分をナルシシストだと定義する」ことが、両親や一族を冒涜することにつながるのではないかという恐怖を感じました。「ナルシシズムは悪だと決め付けたような論調は、Wikipediaの理念に反するのではないか」という素朴な疑問が浮かびましたが、私の用法が適切でないのかもしれません。

いずれにせよ、「私はナルシシストである」と現段階では認識しておりますが、両親や一族を冒涜するつもりはありませんし、そのルーツを探ることは犯人を捜すような気持ちで行なうのではなく、「私のナルシシズムは過去における私の自我形成において重要な役割を担っており、それを授けてくれたルーツが何かを知りたい」という気持ちを端に発していることを言及しておきます。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/444
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?