2006年 9月 01日

小沢一郎氏

投稿者 by vulcan at 18:53 / カテゴリ: 存在理由 / 0 コメント / 0 TrackBack

私は、社会人になった平成6年以降、つまり、小沢一郎氏が自民党を離れて以降、ずっと氏を支持しており、新生党、新進党、自由党、民主党を支持してきました(といっても、選挙で投票するだけで入党するとかではありませんが)。「ほとんど無条件に、直感に基づいて氏を支持してきた」というのが実情ですが、氏の発言を追いかけていくことで、常に正論中の正論を述べられており、姿勢に揺らぎが無いことが確認でき、ますます気に入りました。

しかし、小沢一郎氏に対する国民の支持は、常に一定水準を越えることが無く、「なぜ受け入れられないのだろう」という疑問を持ち、それに対して「まだ時代が氏を求めていないのだろう」と、待つしかないと決めていました。

ところで、このほどオーマイニュースが立ち上がったそうで、いろんな議論が行なわれています。

ガ島通信『オーマイニュースジャパンの「炎上」と「現状」』

ニュース・ワーカー『オーマイニュース日本版のこと』

我的因特網留言板『本家オーマイニュースは苦戦中』

オーマイニュースブログ~編集局から~『佐々木俊尚のオーマイニュースへの疑問 (上)』

オーマイニュースブログ~編集局から~『佐々木俊尚のオーマイニュースへの疑問 (下)』


オーマイニュースがどうなっていくのかは分かりませんし、オーマイニュースに対する私見を述べられるような段階ではありませんが、一連の調査過程で、鳥越俊太郎・オーマイニュース編集長による小沢・民主党代表インタビュー『政権交代に自信』に辿り着きました。

小沢氏の意気込みが良く伝わってくるインタビュー記事で、「今度こそ氏が本領を発揮する環境が整った」と確信しました。そんなわけで、「何か自分もしたい」と思い、支持政党を表明した次第です。

小沢一郎ウェブサイト

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/513
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?