2006年 10月 09日

心構え

投稿者 by vulcan at 02:40 / カテゴリ: 存在理由 / 2 コメント / 1 TrackBack

以前、銀行時代の元支店長に「心構えができれば7割なったも同然」と教えられました。

そのときは、経営に関する心構えを説いていたので、今思えば漠然と受け入れていたところがありました。

ところで、『つらつら日暮らし』という曹洞宗の僧侶のブログで、アーミッシュ学校銃撃事件について知りました。

事件の概要は、「銃を持って小学校に侵入した男(32)が、児童26人と教師らを人質にとった後、教師と男子生徒を解放し、女子生徒を黒板に並ばせて射殺し、5人が死亡、3人が重態、数人が負傷、その後現場で男も自殺した」、というものです。

このとき、13歳のマリアン・フィッシャーさんが年下の仲間を救おうと「私を最初に撃って、ほかの子たちは解放して」と訴えていたことが、負傷した妹の証言によって分かっているようです。

一方、男は、生徒からの質問に対して、「神様に怒りを感じているから」と答え、教室から妻に携帯で電話して、20年前の12、3歳のころ、親戚の幼女2人に性的いたずらをしたことの復讐だと発言したらしく、同様の趣旨の遺書も発見されており、自らの行動を阻止できなかった神に対する復讐という考えなのかと思われます。

この事件のニュース性は、マリアン・フィッシャーさんの自己犠牲的発言と、その後のアーミッシュの特殊性に起因した対応にあり、住民らはロバーツ容疑者の遺族にも弔意を示し、遺族に「この地にとどまってほしい」と話しているそうです。

なお、犯人は、9年前に死亡した娘の墓のそばに埋葬されましたが、娘の死にもとらわれていたと報告されています。

アーミッシュWikipedia
年下かばい「私を撃って!」…アーミッシュ校射殺事件
「アーミッシュ」の学校で3人射殺、米ペンシルベニア州
男が小学校に乱入、女子3人射殺=7人負傷-米ペンシルベニア州
米小学校発砲 児童ら4人死亡、7人重体 男は自殺
<米小学校発砲>容疑者、「過去に性的いたずら」と妻に電話
<米学校乱入射殺>死亡の少女「私を撃って」と哀願

ここで、翻って掲題の件です。心構えというものは様々な出来事に対する心構えがあり、最も大きな問題は死に対する心構えです。老いを自覚し死が迫ってきたと思い至ったときの心構え、不治の病を宣告されたときの心構え、余命を宣告されたときの心構え、突然の事件や事故に巻き込まれたときの心構えなど、普段から心構えをしっかり持っていなければ瞬時に運命を受け入れることができません。

死に限らず、結婚の心構え、受胎の心構えといったものや、成功に対する心構え、失敗に対する心構えなどもあるでしょう。何事が起きようとも、動じない心構えがあれば、ベストの選択ができ、結果を受け入れられるのだろうと思いました。

タグ(キーワード):

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/557
題名 年下かばい「私を撃って!」…アーミッシュ校射殺事件
概要 「私を撃って」と犠牲少女 アーミッシュに驚き(共同通信) - goo ニュース 安易な肯定も讃嘆も止めておきます。このことは、確かに素晴らしいことかもし...
ウェブログ: つらつら日暮らし
時刻: 2006年10月09日 08:36
コメント

> 管理人様

TB&コメント&リンクをいただきありがとうございます。
この一件で、一部ではこの少女の宗教性に共感し、そのようにあるべきだと知ったような提唱が見受けられたのですが、拙僧はそのような“引用”のされ方は、非常に問題であると思い、拙ログを書きました。

なお、当ログで扱われている“心構え”ですが、確かにこれも大事なことです。未来に対して或る程度の方向性を模索しながら、そこに期待してしまえば不慮の事態を受け入れることは出来なくなります。この方向性を模索しつつ、それを捨てるということ、心構えとはそういった性格のものでありましょう。

投稿者:  tenjin95   at 2006年10月09日 08:35

tenjin95様

ありがとうございます。

星様のサイトから辿って『つらつら日暮らし』を知りました。ぬぉ!スイマセン!『つれづれなる』ではなかったですネ!訂正しておきますデス。

投稿者:  Vulcan   at 2006年10月09日 22:37
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?