2007年 2月 24日

『上杉謙信』咲村観(2)

投稿者 by vulcan at 23:09 / カテゴリ: / 6 コメント / 0 TrackBack

「もっともに存じます。しかし殿は、筋目を重んじ慎重にことを運ぶ性質ゆえ、信玄や足利殿のような運命はたどられぬと思われます」
「そうであろうか。ともあれ、人間にとり、我執ほど怖いものはない。
それがしが合議でことを決めるのは、自らの一存による判断が、どれほど誤った結果をもたらすかを、知っているからだ。
乱世を生き抜くことは難しい。
苦しいときに耐え、好機に飛躍する。この考えに徹すれば、万事にならぬことはない。我が軍が敗戦の憂き目を知らぬのは、機を見て兵を引く術を、皆の衆が心得ているからだ。
攻めるだけが合戦ではない。
敵を知り己を知って、守りを固めることも、兵法の要諦。また、意に沿わぬ敵方と和することも、ときに心がけなければならぬ。
徳川家康は、これらを巧みに使い分ける天賦の才を備えている。それゆえに信長に臣従しながら、東海一の武将にのしあがったのであろう」

ここの部分は文脈としてのつながりとしてはどうかなと思うところではありますが、処世観確立の上では非常にまとまっており、魅力的な箇所です。我執(自分中心の考えにとらわれて、それから離れられないこと。)がいかに怖いかということは、私も常々そう思いますし、また、自らを反省する点も我執に尽きます。
また、成長とは、会社であろうが人間であろうが、常に右肩上がりというのは本当の姿ではなく、我慢をし、準備をした分だけ飛躍するものです。そして、その飛躍ですが、飛躍すべきときにしか飛躍できません。好機を見極める目を養うとともに、不断の努力により好機に備える心構えを大切にしようと思います。

「信玄も『大環円』の構想のなかで、同種の考え方をしていた。しかし、信玄は外交戦略にみられるとおり、即物的、戦力的にしか相手の武将を見なかった。
それはそれで結構だが、打算的な行き方は一たび破綻すれば、瓦解する恐れがある。
信玄はそれを叡智で補ってきたが、権謀への腐心と心労のために、不治の病を患った。
加えて、焦慮の気持ちが強かったがゆえに、無理を押して上洛の兵を進め、自ら墓穴を掘ってしまった。
信玄に打算を廃し、時節を待つ心があれば、あれほどの知恵者、必ず天下を取っていたであろう。
(後略)」

世の中のほとんどは打算の論理で回っており、それを無視して行動することは時には身を危険にします。正義だけでは人は相手にしないし、利が無ければ動かないことも確かです。したがって、理と利で合理的に物事を進めることが即物的な成功を収めやすいのですが、ここでも言っているように「一たび破綻すれば、瓦解する」わけです。
理と利といっても本質的には屁理屈です。やはり、先ずは正義が基礎であり、その方針に基づいて、行動を起こしたり、相手を説得するときに、理と利をもって説くのが王道だと思います。

義景は優柔不断な男であった。
一揆への対抗上景虎と結びながら、信玄の西上が開始されると、義昭の斡旋に応じて一揆と和睦し、しかもそれを貫くことができず、いままた信長の誘いに応じて、反一揆の立場をとろうとしているのである。
「信玄の死により、義景の心がゆらいでいるのはわかるが、こう豹変しては誰にも信用されまい。
武将たる者は、そのときどきの情勢に応じて、判断を誤らぬことが肝心。
義景の行き方には巧妙に立ち回っていると見えて、見方にも敵方にも信頼されない自己中心の考え方が看取される。
いかに乱世とはいえ、人が納得する生き方ができる人物でなければ、諸将も庶民も従わず、運勢も開けぬ。
信長や信玄、家康などにはそれがあるが、義景にはない。
越前という絶好の地位を占めながら、また浅井長政というよき協力者を得ながら、信長の前に手も足も出ぬのは、そのためだ。
武将は旗幟と去就を鮮明にし、義と筋目を重んずる姿勢がなければ、大成は期し難い。その意味では、義景は策におぼれて自滅する典型的な武将と言えよう」

情勢の変化に応じた判断が重要であり、一度決めた方針に固執することが良いとは必ずしも言えませんが、方針がふらふらしていると信頼を落とします。確固たる信念があり、それに基づいた判断であることさえ間違いなければ、情勢変化に応じた方針変更は周囲の納得を得ることができるでしょう。信念に基づく確信があるからです。しかし、同じように情勢変化に応じて方針を変えるのですが、信念が無い場合、周囲の納得は全く得られません。そして、その信念ですが、正義の信念が最強だと思っています。

「信長とそれがしとは、考えに似通ったところがありながら、根本は違うのであろう」
返書を読み終えた景虎は、そうつぶやいた。
「天下取りを狙う武将は、皆強い個性を持っております。
それゆえにこそ、今日みられるような乱立状態が、生れたのでこざいましょう。
寄らば大樹の陰と申しますが、わたくしも殿の栄達に掛けて幸せだったと、今になって考えております」
実仍が言葉を返してくる。
「ばかなことを申すではない。それがしは、信長や信玄のように天下を取れる器ではない」
「殿がそのように弱気では、我々家臣の夢が、果ててしまいます。
武士は主君に自らの生涯を託しております。このことだけはお忘れなきよう」
「わかった。せいぜい精進仕ろう」
景虎は答えて笑った。

謙信が天下取りを狙っていたのか狙っていなかったのか、歴史家の意見の分かれるところのようですが、謙信が躁鬱であったとすれば、狙ったり狙わなかったりというのが実際かと思います。それはそれとして、主君の栄達を通じて、自らの夢を実現させるのが武士であというのは、精神的にも即物的にも言えることだと思います。主君と一心同体であれば主君の栄達は自らの栄達であり、主君の栄達により現実的には知行が増えるわけです。

労咳は死に至る病。いかな信玄とて、それから逃れることはできない。
予想以上に西上が早まったこと、三河侵攻以来の合戦に、執念にも似たすさまじさが感じられることなど、不可思議に思っていた謎のすべてが、これで解けたように思われた。
「信玄は信長の上洛に焦慮するあまり、わが身を傷つけたのであろう。
やはり人間焦ってはならぬ。一途にことを急いでも、地の利、時の運が伴わなければなるものではない。
信玄はこのことわりを知りながら、敢えて上洛の兵を進めたのかも知れぬ。
高齢と病ゆえに、死に花を咲かせる気持に、或いはなったのであろうか」

焦りは禁物とはよく言ったものです。頭では簡単なことなのですが、実際には難しいことであり、肝に銘ずべきです。

タグ(キーワード):

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/640
コメント

Long before the chronicle began we men have got together apart from the women and done things. We had time. 

投稿者:  Angelo   at 2011年07月23日 14:44

I found your weblog web site on google and verify a couple of of your early posts. Proceed to maintain up the very good operate. I just further up your RSS feed to my MSN Information Reader. Looking for ahead to reading extra from you in a while!…

投稿者:  Autoxten   at 2011年07月23日 16:45

Good ¡V I should certainly pronounce, impressed with your website. I had no trouble navigating through all the tabs as well as related info ended up being truly simple to do to access. I recently found what I hoped for before you know it in the least. Reasonably unusual. Is likely to appreciate it for those who add forums or anything, web site theme . a tones way for your customer to communicate. Nice task..

投稿者:  Josue Sharrar   at 2011年07月23日 21:25

You really make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be really something that I think I would never understand. It seems too complex and extremely broad for me. I am looking forward for your next post, I’ll try to get the hang of it!

投稿者:  Elvie Castrovinci   at 2011年07月24日 06:29

Hello Fellow Writer, What you ˙have here greatly have me wicked up to the last sentence, and I hafta say to you I rarely finish the entire post of blogs as I often got sick and tired of the trash content that is presented searching google on a daily basis and I simply end up checking out the headlines and maybe the first lines or something like that. But your tag-line and the first paragraphs were so cool and it instantly tuned me on your stíle. Commending you for a job well done in here Thanks, really.

投稿者:  Endre   at 2011年07月25日 02:29

I’ve been wondering about the similar factor myself lately. Delighted to see an individual on the same wavelength! Nice write-up.

投稿者:  working from home   at 2011年07月26日 07:31
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?