2007年 4月 19日

再び内定

投稿者 by vulcan at 09:46 / カテゴリ: 存在理由 / 3 コメント / 0 TrackBack

先週末に意中の会社から内定を頂くことができ、4ヶ月にわたる転職活動に終止符を打つことができました。思いのほか紆余曲折あり、波乱万丈な転職活動で、ドラマを生きている感覚でしたし、今もドラマが続いていると思っています。

転職を決意するまで、会社関係以外で名刺交換する機会は年に両手で数えるほどだったように思います。転職活動ということでいろんな方に会う機会が増え、3ヶ月で30人ほどの方と名刺交換をする機会に恵まれました。そして、3月下旬からは、ある目標を設定し、また、自分個人の名刺を作ったことで、名刺を渡すことが楽しくなり、20日もしないうちに50人もの方と名刺交換することができ、また、それぞれの方にかなり印象付けることができたと自負しています。

個人的な名刺を作ろうと思ったとき、肩書きを何もつけないことに非常に不安に思いましたが、家族と自分の人となりを表現することに決めた途端、名刺作りが非常に新鮮で楽しいものとなり、印象深い名刺を作ることができました。気に入った名刺を配るということがこんなに楽しいものだということを初めて知りました。

転職活動を開始した直後、どのスカウトが優れているのか、人材紹介業界のことをまったく知りませんでしたので、なるべく多くの方に面談しようと思って22人のスカウトとコンタクトを取りました。それが、短時間で自分を売り込む修行にもなると思ったからです。結果として、それが奏功し、面接でも効果があったと思いますし、名刺交換する際の短時間で印象付けることにも寄与したのではないかと思います。

4ヶ月間、良い経験ができたと思います。