2007年 6月 28日

飯田史彦先生

投稿者 by vulcan at 22:50 / カテゴリ: 存在理由 / 0 コメント / 0 TrackBack

さて、最近読んでいる本として、飯田先生の書籍について感想を書こうと思い立ったのですが、昨日は、書く前に飯田先生のホームページに立ち寄ったところ、『小さなドラマティックストーリー』というのがあり、思わず読みふけってしまいましたので、とうとう書けずにいました。

それで、今日は書くのかというと、その『小さなドラマティックストーリー』の記事について、書きたくなりましたので、今日も感想文は書かないことになりました。

『小さなドラマティックストーリー』には3つのお話があるのですが、その中で最も興味を持ったのは、飯田先生の前世に関する記事です。そちらに訪問しない人のために簡単に解説しますと、以前、飯田先生をどうしても守らなければという義務感を持った男性が現れ、何度か、必要も無いと思いますが、ボディーガードを買って出たそうです。本人もどうしてそういう義務感を持つのか理解できず悩んでいました。そして、その方が、思い余って、飯田先生を良く知る奥山先生のところで退行催眠による前世療法を受けてみたところ、飯田先生の過去世を知ってしまったというお話です。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

記事によると、その男性は、「しんさく」という名前の前世だったようで、詳しく当時の状況を思いだし、その方が高杉晋作であることが判明しました。そして、飯田先生が吉田松陰であったことを確信したのです。

本人は、人の過去世を勝手に覗き込んだと罪の意識を持ったため、そのことは飯田先生に報告しませんでしたが、奥山先生が、あるとき「飯田先生の過去世を知ってしまった人がいる」と伝えたところ、飯田先生はピンと来て、その男性に詰め寄ったところ白状したということです(笑)

私は10月20日の『「導かれているな」という感覚』のときに吉田松陰を初めて意識し、その後、『正法眼蔵』の勉強会の世話役のSさんが吉田松陰のゆかりの家で大学時代に下宿していたと聞いてうらやましがり、更に吉田松陰について興味を持ってその生い立ちを調査していた時期があり、また、私の個人的な名刺を作成した折、吉田松陰の「かくすればかくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂」を座右の銘として彫るに至り、正直ほれ込んでいました。

また、吉田松陰がわずか29歳で亡くなっているにもかかわらず偉大であったことに驚き、更に5歳で家を継ぎ、10歳で藩校明倫館の兵学教授として出仕していたことを知って、驚きを通り越しました。

当時は、全く理解を超える衝撃としか言いようがありませんでしたが、飯田先生の本を読んで『生まれ変わり』を事実として認めた場合、よっぽど高レベルな魂の生まれ変わりであれば、そうしたことも肯けると思いました。そして、その飯田先生こそが吉田松陰の生まれ変わりであったと知って、二度びっくりしたわけです。

2007年 6月 26日

最近読んでいる本

投稿者 by vulcan at 22:22 / カテゴリ: / 11 コメント / 0 TrackBack

全くブログが更新できていませんが、文章が書けなくなっています。時間的に余裕が無いので書けないというのは言い訳で、実際には何を書けばいいのかが分からなくなっているためであり、それなら駄文を流さずに書かない方が世の中のためだと思うからです。

さて、そんな状況の中でも、何かを書きたいという欲求があります。何でもいいから何かを書きたい。このままだとブログを閉鎖するまでずっと書けないままなのではないかというプレッシャーがあります。そこで、子供自慢もいい気分転換になるのですが、ここは一つ最近読んでいる本について書いてみようと思いました。

最近読んでいる本ですが、三島由紀夫は5、6冊ブックオフで買ってきたものを読みました。どれも心に強く残るというものではありませんでしたが、なんとなく癒されます。今は、一度途中で投げ出した『文化防衛論』を読んでいますが、頭の悪い自分にはかなり難しいです。しかし、力強さに惹かれますので、何とか三島の思想を理解したいと思っています。

もう一方で、福島大学経営学部の飯田史彦先生の書籍を9冊ぶっ通しで読みました。飯田先生は経営学者として組織論の研究を行なっていらっしゃいますが、一方で、余暇の時間を使って『生きがい論』を展開されています。読んだ9冊は全て『生きがい論』に関するもので、単純な私は、この『生きがい論』にのめりこんでいる次第です。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

というわけで、『生きがい論』について所感を述べてみたいのですが、とりあえず本日のところは、どういう経緯で『生きがい論』に出会ったのかを述べるに止めようと思います。なお、『生きがい論』といっても、知らない人には何のことだかさっぱりお分かりにならないでしょうから、『生きがい論』の重要なファクターが『生まれ変わり』、『精神の不滅』であることだけは申し添えておきます。

私が『生まれ変わり』に興味を持った発端は、三島由紀夫の『豊饒の海』四部作を読んだことだと思っています。昨年の11月ごろから12月ごろに掛けて読んでいました。小説であると思いながらも、三島が『生まれ変わり』、或いは『精神の不滅』を信じたいと思った(と私は思っています)ように、私も「そうであったらどんなに救われるだろう」と思い、むさぼるように読んでいました。

さて、『豊饒の海』を読んでいる際に、私の師匠であり戦友であったK氏が亡くなりました。私にとってK氏は特別の存在でありながら、あまりにも早い別れを迎え、もっと親密になりたかった、もっと学びたかったと、後悔の念が拭えません。祖父を崇拝するような気持でK氏を崇拝し、甘え、信頼し、心の支えとしていました。私は、三十年以上の人生において、友情というものに対して強い憧れを持ちながら、実際には非常に消極的でしたが、自分にも真の友情が持ちえると確信させてくれた最初の友人がK氏でした。

そして、K氏の亡くなった翌日に、我が家の第四子が受胎していたことを知り、『生まれ変わり』を強く信じたい気持が沸いたわけです。

その後間もなくして、不思議な縁とタイミングにより、前世を確信した方々のお話を聞く機会があり、また、自分自身も前世を強く信じたい気持ちが生れました。

そういった心の動きの中で、私の就職活動は二転三転し、ようやく決まった今の会社に就職して、新入社員研修で課題図書として与えられたのが、飯田史彦先生の『生きがいの創造』であり、『前世は科学的にその存在が立証されているファクトである』ということを知ったのです。

もちろん、科学的に立証されているといっても、実証研究の結果を合理的に解釈するには前世の存在を肯定する方が理に適っているということに止まり、反証しようとすれば幾らでもこじつけられます。しかし、私は、「自分が前世の存在を信じることで、誰かに迷惑を掛けるわけでもなく、また、自分自身もその方が生きがいを見出せる」という理由で、飯田先生の提唱を信じることにしました。

それにしても、前世を信じたいと思ってからの、これまでの時間の流れを振り返ると、「歯車が回りだして運命に導かれた」という気がしてなりません。