2007年 6月 26日

最近読んでいる本

投稿者 by vulcan at 22:22 / カテゴリ: / 11 コメント / 0 TrackBack

全くブログが更新できていませんが、文章が書けなくなっています。時間的に余裕が無いので書けないというのは言い訳で、実際には何を書けばいいのかが分からなくなっているためであり、それなら駄文を流さずに書かない方が世の中のためだと思うからです。

さて、そんな状況の中でも、何かを書きたいという欲求があります。何でもいいから何かを書きたい。このままだとブログを閉鎖するまでずっと書けないままなのではないかというプレッシャーがあります。そこで、子供自慢もいい気分転換になるのですが、ここは一つ最近読んでいる本について書いてみようと思いました。

最近読んでいる本ですが、三島由紀夫は5、6冊ブックオフで買ってきたものを読みました。どれも心に強く残るというものではありませんでしたが、なんとなく癒されます。今は、一度途中で投げ出した『文化防衛論』を読んでいますが、頭の悪い自分にはかなり難しいです。しかし、力強さに惹かれますので、何とか三島の思想を理解したいと思っています。

もう一方で、福島大学経営学部の飯田史彦先生の書籍を9冊ぶっ通しで読みました。飯田先生は経営学者として組織論の研究を行なっていらっしゃいますが、一方で、余暇の時間を使って『生きがい論』を展開されています。読んだ9冊は全て『生きがい論』に関するもので、単純な私は、この『生きがい論』にのめりこんでいる次第です。

というわけで、『生きがい論』について所感を述べてみたいのですが、とりあえず本日のところは、どういう経緯で『生きがい論』に出会ったのかを述べるに止めようと思います。なお、『生きがい論』といっても、知らない人には何のことだかさっぱりお分かりにならないでしょうから、『生きがい論』の重要なファクターが『生まれ変わり』、『精神の不滅』であることだけは申し添えておきます。

私が『生まれ変わり』に興味を持った発端は、三島由紀夫の『豊饒の海』四部作を読んだことだと思っています。昨年の11月ごろから12月ごろに掛けて読んでいました。小説であると思いながらも、三島が『生まれ変わり』、或いは『精神の不滅』を信じたいと思った(と私は思っています)ように、私も「そうであったらどんなに救われるだろう」と思い、むさぼるように読んでいました。

さて、『豊饒の海』を読んでいる際に、私の師匠であり戦友であったK氏が亡くなりました。私にとってK氏は特別の存在でありながら、あまりにも早い別れを迎え、もっと親密になりたかった、もっと学びたかったと、後悔の念が拭えません。祖父を崇拝するような気持でK氏を崇拝し、甘え、信頼し、心の支えとしていました。私は、三十年以上の人生において、友情というものに対して強い憧れを持ちながら、実際には非常に消極的でしたが、自分にも真の友情が持ちえると確信させてくれた最初の友人がK氏でした。

そして、K氏の亡くなった翌日に、我が家の第四子が受胎していたことを知り、『生まれ変わり』を強く信じたい気持が沸いたわけです。

その後間もなくして、不思議な縁とタイミングにより、前世を確信した方々のお話を聞く機会があり、また、自分自身も前世を強く信じたい気持ちが生れました。

そういった心の動きの中で、私の就職活動は二転三転し、ようやく決まった今の会社に就職して、新入社員研修で課題図書として与えられたのが、飯田史彦先生の『生きがいの創造』であり、『前世は科学的にその存在が立証されているファクトである』ということを知ったのです。

もちろん、科学的に立証されているといっても、実証研究の結果を合理的に解釈するには前世の存在を肯定する方が理に適っているということに止まり、反証しようとすれば幾らでもこじつけられます。しかし、私は、「自分が前世の存在を信じることで、誰かに迷惑を掛けるわけでもなく、また、自分自身もその方が生きがいを見出せる」という理由で、飯田先生の提唱を信じることにしました。

それにしても、前世を信じたいと思ってからの、これまでの時間の流れを振り返ると、「歯車が回りだして運命に導かれた」という気がしてなりません。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/659
コメント

飯田先生の本にハマっていると言いつつ、さりげに第四子受胎報告まで、ありがとうございます。私も続々とと増えていく文庫本を見て「読みたいなぁ」と思いながら、携帯&PCメールやブログの更新もなかなか出来ないし、自分の爪すらまともに切れないような日々なので、つい後回しになっています(涙)。
でも夏休みには私も追いつきますので、少々お待ち下さい。
最近のVulは色々な意味で良い方向へ向かっていると感じます。それは歯車が回りだしているのかもしれませんが、自分が求めているからこその変化ではないかな~と私は喜んでいる次第です。37歳になったVulの、ますますの心の成長を期待しています。

投稿者:  NameP   at 2007年06月27日 02:46

There are some interesting time limits in this article but I don’t know if I see all of them middle to heart. There is some validity however I'll take hold opinion till I look into it further. Good article , thanks and we wish more! Added to FeedBurner as well

投稿者:  Miami Caterers   at 2011年07月23日 11:25

We choose our joys and grieves long before we experience them. 

投稿者:  Andrei   at 2011年07月23日 17:06

I’d must test with you here. Which is not something I normally do! I enjoy studying a put up that can make individuals think. Also, thanks for permitting me to comment!

投稿者:  Autoxten   at 2011年07月23日 18:54

Hey, you used to write fantastic, but the last few posts have been kinda boring¡K I miss your tremendous writings. Past few posts are just a little bit out of track! come on!

投稿者:  Tattoo Lettering   at 2011年07月23日 21:01

I figured this would definitely be an excellent occasion to highly recommend an innovative novel, Flores Girl: The Children God Forgot, a free of charge e book. Best, it's the first book in an amazing trilogy. It's really a Sci-Fi book with a touch of romantic endeavors and humor. Devotees of the story gushed in regards to the story. And my spouse and I came to the realization that we could not put the book down. Absolutely no gimmicks and it’s an absolutely free e book. There have been over 240,000 lovers of the book. Excellent for the Apple iPad tablet the e book is in ePub file format. Go to iPad eBook to grab yours.

投稿者:  b0bbiec    at 2011年07月24日 01:33

There are certainly a lot of details like that to take into consideration. That is a great point to bring up. I offer the thoughts above as general inspiration but clearly there are questions like the one you bring up where the most important thing will be working in honest good faith. I don?t know if best practices have emerged around things like that, but I am sure that your job is clearly identified as a fair game. Both boys and girls feel the impact of just a moment’s pleasure, for the rest of their lives.

投稿者:  Milo Simers   at 2011年07月24日 04:31

Your house is valueble for me. Thanks!… http://www.torpedogratis.co/claro-torpedo.html

投稿者:  enviar torpedo gratis   at 2011年07月24日 10:16

Was required to send you that minimal remark in order to thanks a ton again of these spectacular techniques you could have provided on this page. It’s so particularly generous with people such as you to deliver unreservedly what many of us might have marketed for book to earn some dough by themselves, primarily considering that you'll have completed it should you wanted. The tactics also acted being good way to know that everyone's similar desire in the same way my personal to know quite definitely more regarding this condition. I’m there are thousands of nicer opportunities up front for individuals who read your blog post post.

投稿者:  vitamins   at 2011年07月24日 15:59

Hi there Dear, What you ˙just written here surely have me interested up to the last word, and I wanna say to you I rarely read through the entire post of blogs 'cause I generally got sick and tired of the trash content that is presented searching google on a daily basis and just end up checking out the pics and maybe a headline, a paragraph and so on. But your tag-line and the first few rows were great and it immediately tuned me on your stíle. Commending you for a job well done in here Thanks, really.

投稿者:  Endre   at 2011年07月25日 03:14

Aw, this was a really nice post. In thought I wish to put in writing like this additionally – taking time and actual effort to make an excellent article… but what can I say… I procrastinate alot and certainly not seem to get one thing done.

投稿者:  Columbia winter coat clearance   at 2011年07月26日 00:14
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?