2010年 5月 17日

不惑となって

投稿者 by vulcan at 02:07 / カテゴリ: / 1 コメント / 0 TrackBack

朝日インテックに入社して1年4ヶ月が経過しました。あっという間に1年が過ぎ、また、4ヶ月が過ぎました。この間、一度も「辞めたい」と思ったことはなく、というか、毎日「いい会社に入社できて本当に良かった」と思う日々が続いています。「名古屋に戻ってきて本当に良かった」と心からそう思います。

前職では毎週のように「辞めたい」と思いながら歯を食いしばった1年半でしたし、前々職でも、年に2度ぐらいは、「もう辞めるか」と思いながらの7年でしたが、朝日インテックは「死ぬまでこの会社にいよう」と思えます。

そんなわけで、毎日、全力を尽くして仕事に当たっているため、ブログの更新もしている暇がありませんでしたが、NamePが更新を再開したと聞いたため、私の方も時々更新することにしました。

さて、先日、不惑の誕生日を迎えましたが、その前日、取締役会にて昇格の決議をしていただきました。世間で言う課長職に晴れてなれたというわけです。入社1年ちょっとで、早速昇格していただき、心から感謝しています。以下は、その際に取締役会にて述べた所信表明です。終始精神論で、仕事の話は全く出ておりませんが、仕事の話は別途『昇格論文』に記述しましたので、あえて精神論で踏襲しました。

私は、これまでに転職を三度も経験しておりますが、昇格は初めての経験であり、喜びも一入であります。

既に四人の子供を抱え、間もなく五人目を迎えようとしているなか、養うべき家族は着実に増えておりますが、仕事の足場がなかなか固まらず、「おじいちゃんに合わせる顔が無い」と、祖母にこぼされたこともあります。そのように、二人きりの時には、私の目を開かせるための手厳しい一言もありましたが、普段の祖母は、私の置かれた状況がどんなに芳しくなくとも、常に最後まで私の味方でいてくれ、いつかは私の芽が出ると、固く信じてくれていました。

そんな祖母を始めとして、入社時の身元保証人を引き受けてくれた家内の父や、私の人となりを理解してくださった何人かの恩師、更には、今は亡き祖父が、私の将来に対して太鼓判を押してくれていたからこそ、何度も挫折を味わいながらも、本日まで己を信じる力を失わずに済みました。

また、家内や両親を始めとした周りの方々が、鼻っ柱の強すぎる私に愛想を尽かさず、気にかけてくださったことに対して感謝しております。皆様の辛抱強い助言によって、ようやく私も人並みの気配りができる人間になれ、本日、晴れて昇格の決議をしていただきました。

私は、長年、自分を乗りこなし、且つ私が理想とする会社を求め続けておりました。ふるさとの名古屋に戻ることで運が開けたのか、祖母の御百度踏みのお陰もあり、朝日インテックという最高の会社に巡り合え、活躍の場を頂きました。

そのようなわけで、明日は私の四十回目の誕生日でありますが、お蔭様で不惑を目前にして足場を固めることができました。

かくなる上は、持てる力を全て出し切り、ご恩に報いる所存でございますれば、何卒、存分にお引き回し下さりますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様、本日は誠にありがとうございました。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kodakara.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/687
コメント

お久しぶりです。
名古屋に移られ、素晴らしい会社での活躍何よりです。
また、昇進おめでとうございます。
くりのみ会も、いつものように菅原先生を囲んで、現在は『光明』の巻をやっています。

ブログを再開された由。
時々、お邪魔します。

お元気で。

投稿者:  聞者・くりのみ   at 2010年05月31日 10:59
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?