2006年 10月 05日

Yahoo!Japanに登録を依頼しました

投稿者 by vulcan at 12:12 / カテゴリ: / 6 コメント / 0 TrackBack

『MovableTypeを活用して脱初心者!』というサイトは、2006年6月6日に投稿を開始し、11日後の6月17日までに32本の投稿を行なった時点でYahoo!Japanに登録を依頼しましたところ、その3日後の6月20日に、つまり投稿開始後2週間で登録通知が到着しました。

あの当時は、ほとんど神がかった状態で、一番多い日は一日10本も投稿しました。『MovableTypeを活用して脱初心者!』については、ある程度テーマがはっきりしていたし、己の能力の限界も見極め可能な分野でありましたので、32本投稿した時点で、ほぼ書きたいことは書き終わったと感じることができました。実際、それ以後の投稿数は、1年3ヶ月の間に、厳選リンクも含めて23本しかなく、8ヶ月も投稿できない期間さえありました。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

Yahoo!Japanは、『MovableTypeを活用して脱初心者!』が登録された3ヶ月後に、表示方式が登録サイトを表示し、ロボット検索結果は付け足しで表示する方式から、ロボット検索結果を先に表示し、登録サイトはひと手間踏まないと表示されない仕組みとなりました。

その結果、『MovableTypeを活用して脱初心者!』の訪問者数の推移を見て分かるように、登録後の3ヶ月でピークを打ち、以後、4分の1程度で推移しています。しかし、ほとんど更新していないにもかかわらず、一日平均30人以上訪問してくれているのは、Yahoo!Japanに登録されているお陰でしょう。

対して、『Vulcanの日記』というサイトは、日記なだけに、種々雑多なことを書くわけで、テーマを絞りづらく、したがって、カテゴリー登録を行なうにはかなり困難な分野だと思っています。また、日記である以上基本的に生きている限り完成することはなく、いつ登録を申請するかを見極めるのも難しいと感じます。

そんなわけで、『Vulcanの日記』に関しては、Yahoo!Japanに登録することを意識していなかったのですが、訪問者数の推移を見ると、8月以降日々更新しているだけに、『MovableTypeを活用して脱初心者!』よりも訪問者数が多くなってきました。この傾向が続くのか、見放されるのか、指数関数的に伸びるのかは神のみぞ知るですが、運命をただ待つだけというのは怠慢ですし、訪問者数を伸ばすことは、いくつかの目的を達成させる上で、良いことの方が多いと考えておりますので、人事を尽くすことにしました。

ということで、本日、Yahoo!Japanに宛てて、以下の登録申込をしました。

カテゴリ:
芸術と人文/人文/文学/エッセイ/日記

コメント:
育児を契機に人生観の大転換を感ずる。人生如何に生くべきかを知るために我が存在理由を正す。

付記:
三十数年間の半生において、私の信念を表せば、向上心、効率主義、合理主義、個人主義、利己主義だったと思います。
子供を持ち、彼らから、日々笑いと生きがいをもらっていくうちに、私が執着してきた事がそれほどには重要なことでもなさそうだということを理解し、また、己の存在の小ささを実感しました。
そうこうしているうちに、人生如何に生くべきかを考えるようになり、現在、我が存在理由を正している最中です。
是非多くの方にご訪問頂き、『存在理由』カテゴリをご覧頂いて、聡明な方にはサジェストしていただくとともに、私とともに人生を学ぼうと志してくださる方をも得たいと思います。
また、『育児』カテゴリをご覧頂き、笑っていただければ望外の喜びであります。

ということで、人事を尽くすと言っても今のところYahoo!Japanに登録を依頼しただけですが、自分なりに機が熟したと判断したことを申し上げたかった次第です。